手背ガングリオン
部位手関節 症状変形
原因加齢変性 対処専門医の診断

手関節の背側に弾性のある円い腫瘤(こぶ)ができる。それほど痛みはないが,気になる。ゼリーのような粘液がたまったものである。

ガングリオンとは

ガングリオンは、ゼリー状の物質が詰まった良性の腫瘤(こぶ)です。ガングリオンは、体のどこにでもできますが、特に手首によく発症し、指先程度の大きさにまでなることもあります。年齢的には、10歳代後半〜30歳代の若くて活動的な人に多くみられます。  ガングリオンは、硬くて弾力性があり、球体をしています。しかし、小さいものや体の深いところにできた場合は、なかなか気がつきません。こぶ以外には、症状がないことが多いのですが、できた場所によっては、ガングリオンが神経を刺激して、痛みやしびれなどが起こることがあります。  ガングリオンができる原因は、よくわかっていませんが、靭帯を構成する線維が損傷し、そのすき間に、「ヒアルロン酸ナトリウム」を多く含んだ粘液がたまるためと考えられています。よく動く場所にできることから、患部の使いすぎが関係しているともいわれています。

医療機関での診断

ガングリオンと似た病気に、「軟部腫瘍」があります。ガングリオンが疑われる場合は、軟部腫瘍との鑑別が重要です。そのため医師は、痛みの有無や、いつごろから症状が出ているのかなどについて聞くほか、こぶの大きさや性状などを調べます。
 その結果、こぶができた部位が関節周囲でない場合には、軟部腫瘍が考えられます。また、急速に成長する場合や、こぶが直径5cm以上ある場合には、悪性の腫瘍の可能性もあります。なお、ガングリオンが、骨の中にできることがあり、エックス線検査でそれが確認されます。

医療機関での保存的治療法

ガングリオンの治療には、注射器による吸引と手術があります。ガングリオンは、腫瘍ではないので、放置していても問題ありませんが、確定診断のためには、こぶの内容物を注射器で吸引して、その内容物が粘液であるかを肉眼で確かめる必要があります。ガングリオンであれば、それが治療にもなります。

医療機関での手術療法

しかし、吸引しただけでは、一時的によくなっても、その多くは再発します。そのため、「再発を繰り返す、痛みやしびれなどが強い、外見が気になる」といった場合には、手術が行われることもあります。手術は、全身麻酔か腕全体の麻酔をし、出血しないよう止血帯を巻いて、靭帯の一部を含めて摘出します。手術の程度にもよりますが、手術後は、2週間程度の患部の安静が必要です。

[トップ][戻る]