狭窄性腱鞘炎 (ドゥ・ケルバン de Quervain病)
部位手指 症状しびれ感覚異常
原因加齢変性 対処専門医の診断

手指を曲げ伸ばしする腱は、腱鞘という鞘のようなものに包まれています。指の使いすぎなどで、腱と腱鞘がこすれ合い、炎症が起こるのが腱鞘炎です。 母指基部から手関節横側にかけての痛み。母指を内側にいれて手を握り,手関節を尺側に曲げると痛みが増強。中年女性に多い。

腱鞘炎の病理
腱鞘炎

手や指には、手指を曲げ伸ばしする腱があります。手指の腱には、指を曲げる「屈筋腱」が手のひら側にあり、指を伸ばす「伸筋腱」が手の甲側にあります。
 腱の周りは、「滑膜性腱鞘」に包まれ、さらにその周りは、「靭帯性腱鞘」によって包まれています。滑膜性腱鞘は、「滑液包」とも呼ばれる袋状の組織で、そのなかには少量の滑液があり、腱の動きを滑らかにしています。
 一方、靭帯性腱鞘は、指を動かした際に、腱が浮き上がらないように、押さえつける役割をしています。
 腱鞘炎とは、腱を包んでいる2つの腱鞘のうち、滑膜性腱鞘の滑膜に、炎症が起こる病気です。指を動かすと、腱と腱鞘がこすれ合います。腱と靭帯性腱鞘は硬い組織ですが、その間にある滑膜性腱鞘は軟らかいため、腱と靭帯性腱鞘がこすれ合う刺激を受けることになります。
 その結果、滑膜性腱鞘に炎症が起こり、腱鞘炎が発症すると考えられます。
 腱鞘炎は、腱鞘のあるところなら、どこにでも起こる可能性がありますが、最も発症頻度の高いのが手指です。手指の場合は、利き手に起こることが多く、特に親指(母指)に最も多く発症します。

腱鞘炎の原因になるのが、手や指の使いすぎです。手指を頻繁に使うほど、腱と腱鞘がこすれる機会が増え、腱鞘炎が発症しやすくなります。
 ゴルフやテニス、野球のように、手や指に力の加わるスポーツのしすぎも原因になります。そのほか、結核や細菌による感染症、慢性関節リウマチといった病気が原因で、腱鞘炎が起こる場合もあります。
 腱鞘炎は、女性に多い病気ですが、その原因の1つに、更年期や妊娠、出産などにより、女性ホルモンのバランスが乱れ、手指にむくみを生じることがあげられています。

ドケルバン病の病理

ドケルバン病も腱鞘炎の1つで、ばね指とは逆に、伸筋腱に起こります。
 手の伸筋腱のうち、最も親指(母指)側に近いところにある「長母指外転筋腱」と「短母指伸筋腱」の腱鞘に、炎症が起こった場合に限り、「ドケルバン病」と呼んでいます。
 これらの伸筋腱は、親指の付け根の辺りにあることから、ドケルバン病では、親指の付け根や親指側の手首の痛み、親指の曲げ伸ばしができないなどの症状を訴えます。また、患部の腱の周囲の組織が骨のように硬くなったり、親指側の手首の関節にある突起(橈骨茎状突起部)の周囲が腫れ、押すと痛むという症状も見られます。

腱鞘炎の症状

滑膜に炎症が起こると、「指をうまく動かせない、動かすと痛む、指が腫れる」といった症状が現れてきます。
 そのほか、指を曲げ伸ばしすると、引っかかる感じがするという症状もみられますが、その場合は、特に「ばね指」と呼んでいます。
 同様に、親指の付け根に痛みなどの症状がある場合は「ドケルバン病」といいます。

医療機関での診断

腱鞘炎が疑われる場合は、結核や細菌による感染症、慢性関節リウマチなどによるものでないかの鑑別が大事です。そのため、問診では、医師は、全身の発熱や患部の発熱、関節の痛み、結核や慢性関節リウマチなどの既往歴、発症前に針やとげによるけがをしたかなどについて、患者さんから話を聞きます。
腱鞘炎の診断に当たって、重要なのが診察です。腱鞘炎の場合は、指を動かすと痛む、指が腫れるといった症状がありますから、医師は患部を触ったり、動かしながら調べていきます。特に、ばね指やドケルバン病が疑われる場合は、次のような診察が行われます。

ばね指が疑われる場合
 手のひら側の指の付け根の部分を触って指を曲げ伸ばしすると、皮膚の下で出っ張りのようなものが移動するのがわかります。この場合は、ばね指を起こしている可能性が高くなります。
フィンケルスタインテスト
ドケルバン病が疑われる場合
 親指の付け根の伸筋腱に触れて、この部分が硬くなっていたり、この腱に限って、押すと痛む場合にはドケルバン病が疑われます。また、手首の親指側の骨の突起の周囲を押して、痛みがある場合も、ドケルバン病が考えられます。  なお、ドケルバン病では、親指を内側に入れてつくったこぶしを、小指側に曲げると、痛みが起こったり、痛みで曲げられなくなります。それを調べる 「フィンケルスタインテスト」を行えば、ほぼ診断がつきます。
検査
 まれにですが、腱に石灰が沈着する石灰性腱炎が、手指に起こる場合があります。こうした腱鞘炎と似ている病気と鑑別するために、エックス線検査が行われます。
 また、最近では、超音波(エコー)検査を行う施設も増えています。超音波検査では、滑膜性腱鞘の移動や水のたまり具合などがわかります。

医療機関での保存的治療法

腱鞘炎の治療法には、大きく分けて保存療法(非手術療法)と手術療法があります。患者さんの生活習慣などにもよりますが、多くは、保存療法でだいたい改善されます。

患部をなるべく動かさない
腱鞘炎の場合、患部を安静にして、動かさないようにすることが大事です。手指を使う必要のある場合は、できるだけ、健康なほうの手指を使うようにします。
 ドケルバン病の場合は、親指が動かないように、包帯で固定するのもよいでしょう。固定する場合、指先の関節が動くようにしておくと、仕事などへの支障を軽減できます。仕事や家事などで、手指を使わないようにするのは、なかなか難しいと思いますが、無理のない範囲で、安静を心がけることが望まれます。
非ステロイド性消炎鎮痛薬を用いる
痛みには、炎症を抑える非ステロイド性消炎鎮痛薬を用います。非ステロイド性消炎鎮痛薬には、軟膏、湿布薬、内服薬などがありますが、手首では、皮膚から比較的浅いところに腱鞘がありますので、軟膏や湿布薬を使うのも効果的です。
 肩関節など、炎症が深いところの滑膜性腱鞘で起きており、肝臓や腎臓の機能に異常がなければ、内服薬を使います。内服薬の場合は、初めに1〜2週間程度用い、その効果を見ながら、継続するかどうかを決めます。
ステロイド薬の注射をする
症状が強い場合は、滑膜性腱鞘の内部に、抗炎症作用のあるステロイド薬を、直接注射します。1回の注射でよくなることも多いのですが、症状が改善されなければ、1週間ほど間隔を空けて、再注射します。
 注射は、1週間程度の間隔で3〜4回行います。それでも痛みが残っている場合には、1か月ほど休んでから、再び注射を行うこともあります。
医療機関での手術療法

保存療法では効果のない場合や、腱鞘炎を何度も繰り返したり、早く治したいと患者さんが希望する場合には手術が行われます。
 一般に、手術は、局所麻酔をかけ、切開して行われます。腱がこすれないように、患部の靭帯性腱鞘を切り開きますが、靭帯性腱鞘の一部を切除することもあります。手の場合、手術は通院で行われ、15〜30分程度で終了します。手術後1週間〜10日ほどで治りますが、手術直後は、患部を水につけないように注意するとともに、安静を心がけます。
 こうした切開手術以外に、針先を靭帯性腱鞘に刺してこれを切開する「皮下腱鞘切開」や、関節鏡を用いた手術を行っている施設もあります。

日常生活での対処法

指がむくんで、腫れぼったい場合は、手を心臓より上に上げると効果があります。

腱鞘炎の予防法

手指に負担をかけすぎないことも大切です。日常生活のなかでは、次のことに注意しましょう。
手指の付け根への刺激を避ける:物を手に持つと、手指の屈筋腱に負担をかけます。バッグは、手に持たなくてすむように、肩にかけたり、背負うタイプのものを使うとよいでしょう。また、ゴルフのクラブやテニスのラケットなどを握ると、強い刺激が加わります。腱鞘炎を起こしやすい人は、道具を握るスポーツは、ほどほどにしましょう。
細かい作業は休憩を挟む:編物やキーボードを使った仕事など、手指を使う細かい作業を、長時間続けることは好ましくありません。定期的に休憩をとりましょう。
 そのほかにも、日常生活のなかで、無意識のうちに、手指に負担をかけていることがあると思います。日ごろから、手指に過剰な負担をかけないように注意したいものです。

 
[トップ][戻る]