上腕骨顆上骨折
部位肘関節 症状運動制限
原因外傷性 対処専門医の診断

5〜10歳の子どもが手をついて転倒して受傷。健側の手で肘を抑えて来院する。局所は強く腫脹。初期治療ではVolkmann拘縮の防止が重要。内反肘となる。

[トップ][戻る]