変形性肘関節症
部位肘関節 症状変形
原因疲労性 対処専門医の診断

肉体労動を続けた高齢の男性に多い。野球肘の末期像でもある。運動時の関節痛と屈曲・伸展が障害される。

変形性肘関節症の病理

ひじの関節は、3つの関節から成り、その周りは、靭帯や腱などによって支えられています。関節を形成している骨の先端は関節軟骨に覆われており、骨にかかる衝撃を和らげるクッションのような役割を果たしています。この軟骨部分がすり減って、ひじに痛みや変形などが起こってくる病気が「変形性肘関節症」です。
 変形性肘関節症のなかには、外傷後や、血友病、先天異常などに伴って起こるものもありますが、ほとんどは、ひじの使いすぎが原因で起こります。
 そのため、変形性肘関節症の患者さんは中高年に多く、しかもその大半が、仕事や激しいスポーツなどで、長年にわたってひじを酷使し続けてきた人たちです。
 変形性肘関節症は、左右両方のひじの関節に起こることもありますが、一般に利き腕側に発症することが多いようです。
 変形性肘関節症の仕組みですが、ひじの酷使によって、骨の軟骨部分がすり減ると、硬い骨どうしが直接接触することになり、関節の安定性が悪くなります。さらに、骨と骨とがこすれ合うため、骨の端には「骨棘」という骨のとげができてきます。また、骨の一部がはがれ、そのかけらが「関節遊離体(関節鼠)」となって、関節内を移動する場合もあります。こうした骨棘や関節遊離体が、ひじの関節の障害を引き起こす原因になります。

変形性肘関節症の症状

変形性肘関節症では、関節の変形に伴って、ひじの痛みが、徐々に現れてきます。しかし、ひじの関節には、体重があまりかかりません。
 そのため、ひじを使わなければ痛むことはあまりなく、主に仕事やスポーツなどでひじを使った後に痛みが起こります。
 変形性肘関節症を放置していると、ひじの変形が進み、ひじを十分に曲げ伸ばしすることが難しくなってきます。そのため、洗顔や食事、衣服の着脱などの日常生活に支障を来すようになります。また、ひじの変形や骨棘、関節遊離体などによって、ひじの内側を通る「尺骨神経」が障害される「肘部管症候群」が引き起こされる場合もあります。
 肘部管症候群を併発すると、小指と小指側の薬指半分にしびれが現れ、さらにそれに引き続いて、手の筋肉の萎縮や握力の低下などが起こってきます。なかには、こうした指のしびれや手の筋肉の萎縮によって、異常に気がつく場合もあります。

医療機関での診断

問診、診察、身体的検査、エックス線検査などを行いますが、変形性肘関節症の診断では、特に慢性関節リウマチや神経の病気との鑑別が大事になります。
問診・診察・身体的検査
 まず、問診では、症状や職業、運動歴などについて尋ねられます。  診察では、ひじの関節や手指の状態、手の筋肉の萎縮の有無などが調べられます。慢性関節リウマチは、手指の特有な変形状態を観察することで大体わかります。また、手や指を筆や針で刺激して感覚障害の有無を調べ、肘部管症候群を鑑別します。
 身体的検査では、ひじの関節の動かせる範囲を調べたり、握力測定などが行われます。
握力が低下していれば、肘部管症候群を起こしている可能性が高くなります。
エックス線撮影
 変形性肘関節症の診断で、最も確実なのがエックス線検査です。エックス線検査では、ひじを前後方向と側方向から撮影します。側面から撮影する場合は、ひじを直角に曲げて撮ります。

医療機関での保存的治療法

保存療法では、安静にして、ひじの関節に負担をかけないようにします。しかし、仕事や日常生活に差し障ることが多いため、特に職業上ひじを使う人では、安静を維持するのが困難になります。
 保存療法では、消炎鎮痛薬などによる薬物療法や、患部を温める温熱療法なども行います。この場合は、痛みが軽くなったとしても、一時的なものであり、変形性肘関節症の進行を抑えられるわけではありません。
 痛みや変形で日常生活に支障を来す場合、根本的な治療としては手術療法を行うことになります。また、関節遊離体がある場合や、肘部管症候群を起こしている場合は、一般に保存療法は行わずに、最初から手術療法を選択します。

医療機関での手術療法

手術では、尺骨神経を障害する骨の出っ張り部分(骨棘)を削り取ります。関節遊離体がある場合は、これを取り除きます。また、まれですが、変形が進んでいる「リウマチひじ」の場合には、ひじの関節を摘出して、人工関節に置き換える場合もあります。
 手術は、手術する側の腕全体を麻酔するか、あるいは全身麻酔をかけて行います。簡単な手術の場合は、手術当日に帰宅することも可能ですが、通常は手術後、入院が必要になります。
 入院期間は、手術の程度によって異なり、関節遊離体を摘出するだけなら2〜3日の入院ですみますが、骨棘を削り取った場合は、2〜3週間の入院が必要です。
 手術後は、無理をすると、再び病気が進行し出す場合もあるので、ひじを酷使しないようにすることが大切です。

日常生活の注意

日常生活においては、ひじに負担をかけないようにして、変形性肘関節症を進行させないようにすることです。
 また、ひじの関節にかかる負担を軽くするために、腕の筋力アップを図ったり、ひじの動きをよくするための運動を、積極的に行うことも大事です。ただし、自己判断で無理に行うと、ひじや腕を傷めるおそれがありますから、運動のやり方については、事前に整形外科で相談しましょう。

変形性肘関節症の予防法

変形性肘関節症を予防するには、ひじを酷使しないことが最も大切です。仕事や激しいスポーツなどで、長時間ひじを使い続けたり、反復してひじを酷使するといったことはなるべく避け、時々ひじを休めるようにしたいものです。また、ひじを使いすぎてしまった場合は、炎症を抑えるために、丈夫なビニール袋などに氷を入れて、ひじを冷やすとよいでしょう。

[トップ][戻る]