石灰性腱炎,滑液包炎
部位肩関節 症状可動域制限
原因加齢変性・外傷性 対処専門医の診断

急性発症,激痛を訴えることが多い。よく診ると肩の腫れがある。]線像で大結節近くの石灰化陰影を探す。

石灰性腱板炎の病理

腱板に石灰が沈着する病気で、特に棘上筋腱板に発症します。石灰沈着が腱板内だけに起きる場合は、運動時に肩が痛む程度ですが、腱板直上にある肩峰下滑液包に及ぶと、安静時にも激しい痛みが起こります。
原因は、加齢によって腱板の組織が変性・壊死したり、腱板に酸素が十分送られずに、腱板が線維軟骨化することなどが考えられています。40〜50歳代の、あまり肩を使わない人に起こりやすいのが特徴です。
 自然に治ることもありますが、治療としては、患部へのステロイド薬注射や、注射による石灰吸引などを行い、効果がない場合は手術で石灰を取り除きます。

[トップ][戻る]