関節リウマチ(肩)
部位肩関節 症状変形
原因炎症性 対処専門医の診断

関節に炎症が起きて、関節が腫れたり、痛んだりする病気。朝のこわばりや手指の病変に注目する。結髪。結帯が困難となる。

慢性関節リウマチの病理

慢性関節リウマチは、関節の「滑膜」という部分に炎症が起こり、関節が破壊されていく病気です。滑膜とは、関節を包んでいる関節包の内側にある膜のことです。
 炎症は、全身の関節に起こる可能性がありますが、一般には手や指の関節などから発症し、病気が進むにつれて、ほかの関節にも、炎症が広がっていきます。慢性関節リウマチの多くは女性に発症します。特に、30〜50歳代の女性に多いのが特徴です。
原因
 慢性関節リウマチは、「自己免疫疾患」と呼ばれる病気の1つです。自己免疫疾患とは、免疫機能(体の外からウイルスや細菌が体内に侵入した際に、外敵と認識し、攻撃、排除しょうとする働き)に異常が生じ、自分の体を外敵とみなして攻撃する病気です。慢性関節リウマチでは、その異常な免疫機能のために、関節が攻撃されるのです。
 どうしてこのようなことが起こるかは、まだ解明されていませんが、遺伝的体質やウイルスの感染などが考えられています。

慢性関節リウマチの症状

慢性関節リウマチになると、関節に腫れと痛みが現れます。手の指の場合は、指先から2番目の関節と、指の付け根の関節に発症します。朝起きたとき、関節がこわばり、動かしにくくなるのも特徴的な症状です。
 病気が進行すると、滑膜の増殖により軟骨や骨が破壊されて、関節に変形が起こってきます。慢性関節リウマチでは、こうした症状が複数の関節に同時に現れ、左右対称に起こることが多いという特徴があります。
 そのほか、ひじや膝の凸側に、こぶのような結節ができたり、発熱や疲労感などの全身症状が現れることがあります。まれにですが、炎症が頚椎に波及し、ずれが生じた場合、手の指や腕にしびれや運動まひが起こることもあります。
 慢性関節リウマチの症状の進行は、患者さんによって異なりますが、その経過は、「単周期型」「多周期型」「進行増悪型」の3つのタイプに大きく分けられます。単周期型は、発症後1〜2年で、症状がほとんど消えてしまうタイプです。多周期型は、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら、徐々に悪化するタイプです。進行増悪型の患者さんは、数は少ないのですが、急速に病気が進行します。

医療機関での診断

慢性関節リウマチの診断では、問診、診察、血液検査、エックス線検査などが行われます。
 問診では、関節の腫れや痛み、朝のこわばりなどの症状のほか、「いつ、どこの関節から症状が出たのか、安静時に痛みがあるか、家族に慢性関節リウマチの患者さんがいるか」といったことについて聞かれます。診察では、関節を動かしながら、関節の動き、変形などについて調べられます。
 血液検査では、免疫の異常と関係のある「リウマトイド因子」、炎症の有無や程度がわかる「赤沈」や「CRP(C反応たんばく)」「白血球数」などを調べます。特に、リウマトイド因子は、慢性関節リウマチの患者さんの80〜85%がもっています。
 また、エックス線検査では、骨や関節の変化などがわかります。
 こうした検査結果を総合的に見て、アメリカ・リウマチ学会の診断基準に基づいて診断が行われます。
慢性関節リウマチの診断基準(アメリカ・リウマチ学会1987年)
@朝のこわばりが1時間以上続く
A3つ以上の関節が腫れる
B手首や指の付け根、指先から2番目の関節が腫れる
C左右対称に腫れる
D皮下結節がある
Eリウマトイド因子が陽性になる
F手のエックス線写真に異常所見がある
上記の7つの診断基準のうち、4つを満たしていると、慢性関節リウマチと診断される。なお、@〜Cに関しては、6週間以上続いている場合を指す。

医療機関での保存的治療法

慢性関節リウマチの治療法には、大きく分けて、「基礎療法、薬物療法、理学療法、手術療法」があります。

@基礎療法
 基礎療法は、患者さんが日常生活のなかで行う治療で、特に関節への負担を減らすことや、体調を管理することに重点が置かれます。
関節に負担をかけない
 関節に負担がかかると、症状が悪化します。関節に負担をかけないためには、次のことに注意します。

日常の動作に気をつける
「ふき掃除では手首を曲げない、カップ類は取っ手を持たない、フライパンや鍋は両手で持つ、バッグは手で持たずに、肩にかける」などして、小さな関節に負担をかけないよう心がけます。
自助具を使う
 柄を太くした食器や柄を長くしたブラシなど、自助具を使うことで、日常の動作がしやすくなります。自助具は市販のものもありますが、自分の手の形などに合わせて、工夫してつくるのもよいでしょう。
体調の管理をする
 体調を崩すと、症状の悪化につながります。日ごろから体調管理に努めましょう。
ストレスや過労、睡眠不足を避ける
 あまりくよくよせず、ストレスをうまく発散しましょう。また、毎日十分な睡眠をとり、疲労回復に努めます。
かぜをひかないようにする
 冬は、うがいや手洗いなどの、かぜ対策を心がけることです。十分な休養をとることも大切です。
バランスのよい食事をする
 特に、慢性関節リウマチによいという食事はありませんが、栄養バランスのとれた食事をとることが大事です。また、慢性関節リウマチでは、貧血を伴いやすいので、たんぱく質と鉄分を十分補給しましょう。ステロイド薬を使っている場合は、骨粗鬆症になりやすいので、予防のために、カルシウムを積極的にとります。
適正体重を維持する
 肥満は、関節に負担をかけるので、適正体重より増えないように注意してください。
冷えや湿気に注意する
 冷えや湿気も、症状が悪化するもとになります。冬の寒さや、夏の冷房のかけすぎに注意し、体を冷やさないようにしましょう。また、水仕事では、お湯を使うとよいでしょう。
頸椎に波及した場合
 慢性関節リウマチの患者さんのなかには、まれに関節の炎症が首の骨である頚椎にも波及することがあります。その場合、最も多いのは1番目と2番目の頚椎の間で、脱臼しかかった状態になります。ここには、手の指や手、腕などの神経が通っており、手や腕にしびれや運動まひなどの神経障害が起こってきます。
 症状が強い場合は、「ネックカラー」という装具を用いて頚椎を固定し、頚椎に負担がかからないようにします。そうした保存療法では効果がなく、エックス線検査で頚椎の不安定さが強い場合は、第1頚椎と第2頚椎を固定する「頚椎固定術」という手術の適応を考えます。

A薬物療法
 慢性関節リウマチの薬物療法では、次のような薬が用いられます。

非ステロイド性消炎鎮痛薬
 炎症や腫れを鎮めて、痛みを和らげる作用があります。患者さんによっては、胃腸障害や口内炎などの副作用が起こる場合があります。
抗リウマチ薬
 慢性関節リウマチを引き起こす免疫の異常を調整する薬です。痛みや腫れを、直接和らげる作用はありませんが、病気の進行を食い止める効果が期待できます。
なお、薬の効果が現れるまでには、2〜3か月ほどかかるので、効果がないと勝手に判断して薬をやめてはいけません。
 ▼問題になる副作用
  問題になる副作用としては、間質性肺炎、腎障害、胃腸障害、汎血球減少症(血液中のすべての細胞が減少する病気)などがあります。
ステロイド薬
 炎症を抑えて、痛みや腫れを和らげるほか、免疫を抑制します。しかし、大量に使うと、糖尿病、高血圧、骨租鬆症、胃腸障害、感染症、皮膚症状、ムーンフェイス(満月様顔貌)などを起こすことがあります。
用い方
 慢性関節リウマチと診断されたら、早くから、抗リウマチ薬と非ステロイド性消炎鎮痛薬を使います。症状が強い場合は、少量のステロイド薬を併用します。
 抗リウマチ薬は、現在9種類あるなかから、個々の患者さんに合った薬を選んで使用します。そのため、まず1種類の抗リウマチ薬を用い、それで効果がなければ、別の抗リウマチ薬に切り替えたり、2種類、あるいは3種類というように、抗リウマチ薬を増やしていきます。また、非ステロイド性消炎鎮痛薬、ステロイド薬と一緒に、5〜6種類の抗リウマチ薬を用いて、症状が改善してきたら、徐徐に薬を減らしていく方法などもあります。
一般に、約半数の患者さんは、複数の抗リウマチ薬を使ってコントロールしていきます。
 特殊な使い方をする薬もあります。最近注目されているメトトレキサートという抗リウマチ薬は、ほかの抗リウマチ薬と異なり、週1回の使用でよく、効果が早く現れます。
 また、関節の腫れがひどく、炎症も激しい場合は、軟骨が破壊されるのを防ぐために、関節内にステロイド薬を注射し、関節の腫れと炎症を和らげる場合があります。ステロイド薬の関節内注射は、腫れのある関節、主に膝関節に行います。

B理学療法
リウマチ体操を行ったり、装具を用いて関節を保護する
 慢性関節リウマチになると、痛みを伴うため、関節をあまり動かさなくなります。そのため、関節の動く範囲が狭くなったり、関節を支える筋力が低下して、症状を悪化させるおそれがあります。症状の悪化を防ぎ、関節の機能を維持、強化していくために、次のような理学療法を行います。

リウマチ体操
 関節を柔軟にして筋力を強化する効果があります。家庭でも簡単にできますが、事前に、医師や理学療法士に指導を受けておくと安心です。体操を朝夕1回ずつ、できれば全部行いましょう。
装具療法
 装具を用いることで、関節が保護され、日常生活での関節の障害を防ぐことができます。そのことが、関節の変形予防にもつながります。最近は、新しい素材を使った装具も、いろいろ開発されているので、障害の程度や使用目的に応じて選ぶとよいでしょう
温熱療法
 関節を温めることで、痛みが和らぎ、動きも楽になります。医療機関での温熱療法には、「パラフィン」という溶かしたろうのような液体の中に、手や足を入れて温めるという方法があります。

医療機関での手術療法

C手術療法
 以上にあげたような治療法で、効果がない場合には、滑膜を切除したり人工関節に置き換える次のような治療を行います。

滑膜切除術
 関節内で増殖した滑膜を切除する手術で、主として、膝、ひじ、手首の関節に行います。ひじや手首は、関節を切開して滑膜切除を行いますが、膝の場合は、関節鏡による切除も可能です。
人工関節置換術
 破壊された関節を、人工関節に置き換える手術です。主に、膝関節や股関節、ひじ関節に行います。手術後は、リハビリテーションを含め、3か月ぐらいで日常生活に復帰できます。

[トップ][戻る]