肩峰下インピンジメント症候群
部位肩関節 症状痛み
原因外傷性 対処専門医の診断

肩の挙上時に痛みや引っかかり感があって,ある角度の範囲での動きが制限される。肩峰下での腱板や滑液包の障害である。

肩峰下インピンジメント
肩峰下インピンジメント症候群の病理

腱板や肩峰下滑液包が、肩の動きの中で,烏口肩峰アーチ(肩峰、烏口肩峰靭帯、および烏口突起)に繰り返し衝突(インピンジメント)して発生すると考えられています。腱板のなかでも棘上筋腱板が最も傷害されやすく、最終的には腱の断裂に至ります。若年者では肩を良く使うスポーツをする人,の湾曲が強い人,肩峰先端に未癒合の骨化核(肩峰骨)がある人に起こりやすいと言われています。

肩峰下インピンジメント症候群の症状

上肢を肩の高さより上で動かしたときの痛みが特徴で,ほかに引っかかり感、筋力低下,こわばり,夜間痛が主な症状で,徐々に発症し肩を使うほど悪くなる。
腕を挙げ下げする動作で、60度から120度の間で痛みが生じる。

肩峰下インピンジメント症候群の治療

痛みが生ずる動作を避け,温熱療法,肩峰下包への副腎皮質ステロイド注入が行われ、症状が重い場合は手術により腱板の通路を広げます。

[トップ][戻る]