肘部管症候群
部位前腕 症状しびれ感覚異常
原因加齢変性 対処専門医の診断

ひじの内側で神経が 圧迫されて起こる。男性に多く、利き手側に起こりやすい。 変形性関節症や外反肘変形に続発する尺骨神経不全麻痺。小指,環指のしびれが初発症状で,前腕・手部尺側の放散痛,内在筋の萎縮,指の完全伸展ができなくなる。

「絞扼性神経障害」
 筋肉を動かしたり、痛みなどの感覚を伝える末梢神経は、脊髄から枝分かれして、手や足に伸びています。その経路には、筋肉や靭帯のすき間、骨と靭帯に囲まれたトンネルのような狭い通り道が何か所かあります。末梢神経は、これらの部位を、縫うようにして伸びていますが、何らかの原因で、末梢神経がそこで圧迫されると、神経がまひして、しびれや運動障害などが起こります。このように、末梢神経が手足に至る経路のどこかで、慢性的に圧迫されて引き起こされる病気を、ひとまとめにして「絞扼性神経障害」といいます。
 絞扼性神経障害には、さまざまな病気があり、末梢神経がどこで圧迫されるかによって、それぞれ異なる病名で呼ばれます。例えば、手には「正中神経」「尺骨神経」「橈骨神経」という3つの神経が伸びていますが、このうちの正中神経が圧迫されて起こるものには「手根管症候群」や「回内筋症候群」があります。また、尺骨神経への圧迫で起こるものに「肘部管症候群」や、「尺骨管症候群」がありますし、橈骨神経の1つである後骨間神経の圧迫で起こる「後骨間神経麻痺」などもあります。
肘部管症候群の病理

尺骨神経肘部管症候群は、尺骨神経がひじの内側で圧迫される病気です。尺骨神経は、ひじの内側にある「内側上顆」という骨の出っ張りの後ろを通り、その先にある骨と靭帯様のバンドに囲まれた「肘部管」という狭いトンネルをくぐつて、手に伸びていきます。肘部管症候群は、この肘部管の内部が狭くなり、尺骨神経が慢性的に圧迫されて起こります。
 肘部管症候群の原因は、現在では「変形性肘関節症」によるひじ関節の変形が、その多くを占めています。変形性肘関節症は、ひじをよく使う人に発症しやすいことから、肘部管症候群は、30歳以上の男性に多くみられます。一般に、利き手側に起こり、両手に同時に発症することはめったにありません。
 そのほか、ひじ関節部の骨折、ガングリオン、外傷などから起こる場合もあります。

肘部管症候群の症状

尺骨神経は、小指と、薬指の小指寄りの半分の感覚を支配していますから、尺骨神経が圧迫されると、小指と薬指の小指側半分にしびれが起こってきます。また、尺骨神経は、手のひら側と甲側の両方を支配しているので、指全体がしびれるのが特徴です。
 神経の障害が進むと、手の筋肉が萎縮してやせてきます。特に、手の骨と骨との間の筋肉がやせるので、指を開いたり、閉じたりする力が弱くなったり、親指と人さし指で物をつまむ力が弱くなる、はしが使いづらくなる、などの細かいことがしつらくなります。また、手で水をすくったりする動作も難しくなってきます。
 そのほか、「かぎ爪指」という、指の関節の独特の変形が起きます。

医療機関での診断

肘部管症候群の場合、頚椎の障害との鑑別が重要です。そのため問診で、首の痛みや肩こりがあるかなどが聞かれます。また、「しびれが手のひらと甲の両方にあるのか、ひじを曲げると症状が強くなるか、ひじの内側をたたくと小指に響くか」といったことや、親指と人さし指でものを挟む力が調べられます。
 そのほか、エックス線検査やMRI(磁気共鳴画像)検査などが行われ、原因となっている部分を調べます。エックス線検査では、変形性肘関節症や骨折の経験などがわかりますし、ひじを曲げた姿勢で、エックス線検査を行うと、肘部管の狭窄などもわかります。
確定診断のために、電気生理学的検査が行われることもあります。

医療機関での保存的治療法

かすかなしびれ程度のごく初期の段階には、ひじを固定する保存療法も有効です。

医療機関での手術療法

治療の基本は手術で、肘部管症候群と診断がついたならば、できるだけ早く手術を行うことです。手術方法には、腱弓(オズボーンバンド)の切開、内側上顆の切除、神経の前方移行術などがあります。

腱弓の切開
尺骨神経を圧迫しているバンドを切る手術です。ほかの手術に比べて簡単ですが、再発する場合があります。手術後は、1週間程度ひじを固定します。
内側上顆の切除
ひじを曲げたときに、内側上額で尺骨神経が引っ張られ、圧迫されないように、内側上顆を切除します。再発も少なく、肘部管症候群の手術としては、日本では最もよく行われています。手術後は、1週間程度のひじの固定が必要です。
前方移行術
尺骨神経を、内側上顆の後ろから前側に移す手術です。手術方法には、前側の皮膚の下に神経を移す「皮下前方移行術」と、指を握る筋肉の下に移す「筋層下前方移行術」があります。皮下前方移行術では3週間程度、筋層下前方移行術では1か月程度、それぞれひじを固定します。
 手術後は、神経の回復を促すために、ビタミンB12剤を服用したり、低周波療法などを行うこともあります。回復の早さは神経の障害の程度によって異なります。一般に、症状が軽いほど、早い回復が見込めますから、早めに整形外科で診てもらうことが大切です。

[トップ][戻る]