骨粗鬆症による円背(後弯)
部位脊柱 症状変形
原因加齢変性 対処専門医の診断

骨粗鬆症による多発性脊椎圧迫骨折の結果,円背となります。椎間板や椎骨の加齢変化による「変性後弯症」が重なっていることもあります。骨折自体が治癒すれば痛みを訴えません。

医療機関での診断

後弯があっても症状のない場合もありますが、神経を圧迫すると痛みや麻痺などが現れます。高度な後弯では、内臓への圧迫などの問題が生じる場合もあります。
 脊柱後弯自体は、エックス線検査の側面像で確認できますが、神経症状を起こしている原因を調べるためには、ほかの加齢性(変性)疾患と同様の検査が行われます。

日常生活での対処法

骨粗鬆症による後弯の場合は、原因である圧迫骨折の治療、そして骨粗鬆症そのものの治療を考える必要があります。

[トップ][戻る]