脊髄空洞症
部位脊柱 症状しびれ感覚異常
原因加齢変性 対処専門医の診断

脊髄の中に水分を満たした空洞が生じ、付近の神経が障害される。 上肢のしびれ,痛み,痛覚障害,手指の脱力などで初発し,痙性麻痺(けいせいまひ)となる。MRIの進歩により稀な疾患ではないことが判明した。

[トップ][戻る]