転移性腫瘍

頚・肩・腕痛が持続し,保存療法ではなかなか治まらない時は転移性腫瘍も考えられます。背骨の腫瘍の多くは、ほかの臓器のがんが転移してきた「転移性脊椎腫瘍」です。

部位脊柱 症状痛み
原因腫瘍性 対処専門医の診断

進行性の麻痺では本症の存在を念頭におく。原発巣が不明な例も少なくない。

[トップ][戻る]