リウマチ性脊椎炎

関節リウマチが進行して、それが脊椎で起こるのが「リウマチ性脊椎炎」です。ときに重篤な事態を招くこともあるため、首の異常や危険な兆候には注意が必要です。

部位頭頚部 症状痙性麻痺
原因炎症性 対処専門医の診断

進行した関節リウマチでは環軸椎脱臼と下位頚椎の破壊を高率に伴う。頚部の運動時雑音,頚・項部痛と脊髄麻痺を示す。

[トップ][戻る]