頚椎症性脊髄症
部位頭頚部 症状痙性麻痺
原因疲労性 対処専門医の診断

手足のしびれで始まり,上下肢の痙性麻痺が緩徐に進行。箸が使いにくい,足がよく上がらない,歩行が不安定となる。

[トップ][戻る]