潜在性脊椎披裂, 終始過緊張症候群
部位腰殿部 症状痛み
原因加齢変性 対処専門医の診断

小児の腰痛や下肢痛を成長痛と片づけてはならない。子どもがじっとしていない,夜尿が続くなどに注意。脊髄係留症候群ともいう。

[トップ][戻る]