馬尾腫瘍
部位腰殿部 症状痛み
原因加齢変性 対処専門医の診断

激しい腰痛,下肢痛が進行性である。しばしば椎間板ヘルニアと間違えられる。MRIが有用。

馬尾腫瘍の病理

脊柱管内に発生した腫瘍を脊髄腫瘍と総称します。馬尾腫瘍は、これらの脊髄腫瘍のうち,腰椎部すなわち馬尾部に存在する腫瘍を馬尾腫瘍と総称します。
馬尾腫瘍
その多くは神経鞘腫ですが,脊髄の延長である終糸filum terminaleから発生したものは上衣腫myxopapillary ependymomaであることが多い。初期には神経根刺激症状(神経根性下肢痛)が主訴となり,進行期では馬尾圧迫症状による下肢知覚・運動障害が,さらに進むと排尿障害(S2,3根障害)が出現してきます。完全切除が必要です。詳しくは脊髄腫瘍を参照。

[トップ][戻る]