強直性脊椎炎

腰痛、腰仙部痛、下肢痛に始まり進行すると背骨が曲がらなくなる病気です。仙腸関節の強直がまず起こり,末期では竹様脊柱という脊柱の強直がみられます。

部位腰殿部 症状変形
原因加齢変性 対処専門医の診断
強直性脊椎炎の病理

「強直性脊椎炎」は自己免疫疾患の1つで、関節リウマチとは異なる免疫遺伝子の異常が関係している「セロネガティブ脊椎症」の1つに数えられています。圧倒的に男性に多く、起こりやすい年代は20〜40歳代です。関節リウマチよりずっとまれな病気ですが、遺伝的要因がかかわっていることから、家族内発生が見られます。
 強直性脊椎炎では主に、背骨と仙腸関節(背骨と骨盤をつなぐ関節)周辺の勒帯や関節包がおかされます。勒帯や関節包に異常な骨が増殖するため、背骨や股関節を動かしにくくなります。

強直性脊椎炎の症状

症状は、背部痛や、腰からおしりにかけての痛みです。呼吸がしにくくなったり、せきをしたときに痛みが強くなることもあります。また、痛みは弱いものの、首にも強い運動制限が現れ、姿勢が猫背になります。進行すると仙腸関節が固まり、椎体同士がくっついて背骨が曲がらなくなり、日常生活に支障をきたすようになります。

医療機関での診断

強直性脊椎炎の診断は、腰椎と骨盤(両側の股関節)のエックス線検査と、患者さんの訴える症状によってほぼ確定できます。関節リウマチなど、ほかの自己免疫疾患と判別するために血液検査も行います。

医療機関での保存的治療法

治療は、現段階ではまだ根治する方法が確立していません。したがって、薬物療法や運動療法、理学療法などを併用して、進行を遅らせる治療が中心となります。  薬物療法では痛みを緩和する非ステロイド性消炎鎮痛薬を中心に、炎症や痛みが強いときにはステロイド薬を用いることもあります。牽引療法や温熱療法なども痛みの軽減に有効です。また、呼吸がしにくいときには、肺活量増加訓練や腹式呼吸訓練なども行います。

医療機関での手術療法

病状が進行した場合は、脊椎を矯正する手術や、股関節を人工関節に置換する手術が必要になることもあります。

[トップ][戻る]