胸・腰椎結核 (結核性脊椎炎)

腰痛のみならず,背骨が曲げ難い症状があれば結核性脊椎炎の疑いがあります。結核の既往,ツ ベルクリン反応を調べる必要があります。びまん性の骨萎縮と椎間板狭小化が観られます。

部位腰部や胸部の背骨 症状鈍い痛み
原因感染性 対処専門医の診断
結核性脊椎炎の病理

結核性脊椎炎は、昔「脊椎カリエス」と呼ばれていた病気で、結核菌によって起こります。多くは、かつて感染した結核菌が背骨に潜んでいて、高齢になって抵抗力が落ちたときに発症するものです。結核による骨関節炎は全身に起こりますが、頻度が高いのは腰部や胸部の背骨です。

結核性脊椎炎の症状

患者さんがまず訴えるのは、腰や背中など「局所の鈍い痛み」ですが、そのほか「だるい、微熱が続く、食べてもやせてくる」などが特徴的な症状です。進行すれば、脊柱の後弯や脊髄麻痺も起こりますが、現在ではそのような例はまず見られません。

医療機関での診断

ツベルクリン反応で結核菌感染を調べ、エックス線検査、MRI検査などを行えば診断がつきます。ただし、結核自体が減っているため、気づかれにくいことがあります。

医療機関での治療法

多くの場合、すでに膿が多量にたまった状態で見つかるので、手術によって膿と病巣部を徹底的に取り除き、骨を取り除いたあとには骨移植をして固定します。こうした治療で、今は完治することができます。
 化膿性脊椎炎や結核性脊椎炎は、かつては治らない病気と思われていました。今は、診断がつけば、手術などで治すことができます。結核性の場合は治療に数か月はかかりますが、必ず治ると思って治療に努めてください。

[トップ][戻る]