坐骨神経痛

坐骨神経痛は病名ではなく症状名です。腰部、殿部、大腿部に痛みや圧迫感を感じる。原因は脊柱の病気や、殿部の筋肉の凝り、内臓の病気によるもの、心理的な原因によるなどさまざまです。

部位腰殿部 症状痛み、しびれ、知覚障害、筋力低下
原因加齢変性 対処専門医の診断
坐骨神経痛の病理

仙骨神経叢 左クリック=拡大:右クリック=縮小:ドラッグ=移動

坐骨神経とは、脊髄から枝分かれして下肢に伸びる人体中最大の神経で、下肢の知覚や運動をつかさどっています。
 脊髄から枝分かれした神経(神経根)は、椎間孔という孔から出て坐骨神経を構成します。坐骨神経は,もともと総腓骨神経と脛骨神経が1つに束ねられたもので,大坐骨孔から膝下でさまざまに枝分かれしています。
 この神経根が圧迫されると、神経に沿って大腿後面に、響くような痛みが生じます。これが「坐骨神経痛」です。坐骨神経は知覚性・運動性の神経なので、痛みだけでなく、「しびれ、知覚障害、筋力低下」といった症状も現れます。



坐骨神経         左クリック=拡大:右クリック=縮小:ドラッグ=移動
坐骨神経痛の症状

坐骨神経は、第4腰椎の下側から仙骨までの5対の椎間孔から出て、下肢へ伸びています。症状は神経に沿って現れるため、どの神経根が障害されているかによって、症状の現れる部位が異なります。坐骨神経痛があると、痛みを避ける姿勢をとろうとするため、側弯姿勢になりがちです。

例えば、第4腰椎と第5腰椎の間の神経根が障害されると、お尻・太ももの裏側から外側。すねの内側・足の親指の内側と続く部分に症状が現れます。

第5腰椎と仙骨の間の神経根の場合には、お尻・太ももの裏側・すねの外側から前側・足の甲・親指〜第4指に症状が現れます。

坐骨神経痛のほとんどは、腰部の椎間根ヘルニアか脊柱管狭窄によって起こります。椎間板ヘルニアではヘルニアを起こした椎間板によって、脊柱管狭窄では狭くなった脊柱管によって、坐骨神経を構成する神経根が圧迫されます。

椎間板ヘルニアが原因になっている場合には、多くは片側の下肢に症状が現れ、痛みが持続するのが特徴です。

脊柱管狭窄が原因になっている場合には、多くは両側の下肢に症状が現れます。また、しびれを伴うことが多く、前かがみの姿勢をとると楽になるのが特徴です。また、「間欠性跛行」という症状も現れます。歩いていると神経根の圧迫が強まって下肢が動かなくなり、しばらく座って休むと、また歩けるようになるもので、脊柱管狭窄(症)に特徴的に見られる症状です

[トップ][戻る]