パーキンソン病
部位 症状脱力
原因神経伝達物質 対処神経内科の診断

脳内の線形伝達物質であるドーパミンが不足して体の動きが悪くなる病気。体の震え,動作緩慢,筋肉の拘縮、姿勢保持の困難などが起こる。

[トップ][戻る]