痛風,偽痛風
部位足関節 症状痛み
原因炎症性 対処専門医の診断

血液中の尿酸が多くなりすぎて、溶けきれずに結晶化した尿酸が沈着し、関節炎などを起こす。足の親指の激痛から起こるのが典型的。 急激な疼痛発作が特徴。足関節周囲の腱鞘滑膜に発生することがある。血中尿酸値上昇があれば痛風,軟骨石灰化があれば偽痛風。内科へ。

[トップ][戻る]