化膿性脊椎炎

  抵抗力の低下した高齢者や病気のある人に細菌が背骨に感染して起こります。急性型では、高熱と背中や腰の激痛を伴って発症し、亜急性型はその程度は低く、慢性的な痛みのある慢性型もあります。椎間板に近いところは細菌がすみやすい環境で、しかも見つかりにくいため、原因不明の発熱とされがちなので、注意を要します。

部位頭頚部・背中や腰 症状高熱と激痛
原因炎症性 対処専門医の診断
化膿性脊椎炎の病理

化膿性脊椎炎は、おできを起こすような細菌が背骨に感染して起こります。
 患者さんは抵抗力の低下した高齢者に多く、糖尿病やがんなどの病気のある人、経管栄養の状態にある人は、感染に弱いため、化膿しやすいといえます。大腸炎、肺炎、胆のう炎、扁桃炎、卵巣炎などの病気をした人が、その原因菌から起こすこともあります。

化膿性脊椎炎の症状

ほとんどは、高熱と腰や背中の激痛を伴って発症します(急性型)。発熱や痛みの程度が弱いもの(亜急性型) や慢性的な痛みのあるもの(慢性型)もあります。重症化すると麻痺が起こります。最近は、感染が疑われると抗生物質が用いられるため、慢性型になって見つかるケースもあります。

医療機関での診断

整形外科では、まずエックス線検査を行い、確定診断には、MRI検査、骨シンチグラフィーが行われます。骨シンチグラフィーでは、全身の炎症がチェックできます。

医療機関での保存的治療法

早期に見つかれば、抗生物質による薬物療法が基本です。併せて、局所の安静をはかるために腰椎コルセットや頚椎カラーなどの装具を用います。

医療機関での手術療法

椎間板や椎骨の破壊が進んでいる場合は、手術が必要になります。たまった膿や病巣部を取り除いてきれいにし、そのあとに自分の骨を移植して固足します。

[トップ][戻る]