胸郭出口症候群

なで肩の女性に多く、肩の外転挙上などで上肢のしびれや冷感などを訴えます。いわゆる頚肩腕症候群と症状が似ていますが,原因は違います。

部位頚・肩・腕部 症状しびれ、感覚異常
原因体形,職業病 対処専門医の診断,筋力をアップ
胸郭出口症候群の病理

胸郭出口とは、鎖骨と第1肋骨の間にある隙間のことで、前斜角筋と中斜角筋の間,鎖骨と肋骨の間,小胸筋の下を腕神経叢と鎖骨下動脈が通っていますが,それぞれの部位で,神経と血管が圧迫を受ける可能性があります。圧迫を起こす部位により、斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群といわれ、これらをまとめて胸郭出口症候群といいます。

原因としては,第7頚椎から出ている頚肋あるいは第7頚椎横突起、または頚肋から出て胸郭出口を横切る異常な線維性索状物が考えられます。首が長く、なで肩の女性に多く,また、腕を挙げた状態で仕事をする人に良くみられ、20歳代にピークがあります。

胸郭出口症候群は、その原因によってそれぞれ病名がついています。代表的なものは次の4つです。

肋鎖症候群 鎖骨といちばん上の肋骨との間で、神経や血管が圧迫されているものです。胸郭出口症候群のなかで最も多いのはこのタイプです。
斜角筋症候群 首から伸びている斜角筋という筋肉をくぐり抜けるところで圧迫されているものです。
小胸筋症候群 過外転症候群ともいわれ,小胸筋という筋肉の下で圧迫されているものです。
頸肋症候群 第1肋骨の上に、頚椎にできた異常な骨(頸肋)が出てきて、それが圧迫の原因となっているものです。
胸郭出口症候群の症状

神経障害と血流障害により手指・腕のしびれ,熱感,冷感,脱力感,頚部・肩・肩甲間部・前胸部のうずくような痛みを起こす。

圧迫されているのが、神経、動脈、静脈のどれかによって、症状は多少異なりますが、最もよくみられるのは、「腕から手にかけてのしびれ感」です。
 そのほか、鎖骨下動脈が肋鎖間隙あるいは前・中斜角筋間で圧迫されると、「手・腕は蒼白となり、重苦しい痛みが生じ、腕から手にかけてのだるさ、痛み、肩こり、首の痛み」などもみられます。
 胸郭出口症候群の患者さんでは、こうした腕の症状がつらいために、「電車のつり革につかまれなかったり、高いところに洗濯物を干せない」という人もいます。
 また、血流が悪くなっていると、「脈拍が弱まる、手が冷える、指先に潰瘍ができる」などもあります。自律神経が影響を受け、「頭痛やめまい」などを伴うこともあります。

医療機関での診断

問診・診察
問診では、症状の経過や強さ、場所などが詳しく聞かれます。診察では、腕に触れるなどして、触覚や知覚の検査が行われます。また、握力の検査では、症状の起きているほうの握力が弱いことがあります。

そのほかにも、患者さんの腕や頭などを動かして症状の有無を調べるいくつかの検査があります。
  1. モーリー ・テスト:鎖骨上窩で腕神経叢を指で圧迫すると圧痛,前胸部への放散痛が生じる。
  2. アドソン・テスト:前斜角筋が緊張する頚椎の姿勢(疼痛側に頭部を頚椎伸展位で回旋)で深呼吸を行わせると鎖骨下動脈が圧迫され橈骨動脈の脈拍が減弱あるいは停止する。陽性例は少ない。
  3. ライト・テスト:座位で両肩関節を外転90°,外旋90°,肘90°屈曲位をとらせると榛骨動脈の脈拍が減弱する。肋鎖間隙での圧迫を考える。
  4. エデン・テスト:胸を張り,両肩を後下方に引くと橈骨動脈の脈拍が減弱あるいは停止すれば肋鎖間隙での圧迫を考える。
  5. ルース・テスト(3分間挙上負荷テスト):ライト・テストの姿勢(両ひじを90度曲げ、腕を90度外側に3分間あげる)で両手指の屈伸を3分間行わせる。手指のしびれ,前腕のだるさのため持続ができず,途中で上肢を降ろしてしまう。これは肋鎖間隙で腕神経叢が圧迫されることによる。また、上肢が蒼白になったり、チアノーゼ様になる。
画像検査
エックス線検査によって、頚肋(第1肋骨の上に肋骨に似た異常な骨が出ることがあり、これを「頚肋」といって、神経や血管を圧迫する原因になる場合がある)がないかどうか、骨に異常がないかどうかが調べられます。
また、診断後、手術をする段階になったら、血管造影検査が行われ、圧迫されている部位が正確に調べられます。

医療機関での保存的治療法

治療は、痛みを抑えるために消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を用います。腕を酷使せず、肩の周りの筋力をアップすることも大切です。

薬物療法
症状を抑えるために、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬などの薬を使います。

首や肩の筋肉を鍛える
痛みが軽くなったら、筋力トレーニングなどの運動をして、首から肩にかけての筋肉を鍛えます。そうすることで、鎖骨と肋骨の間が広がり、痛みが出にくくなります。

神経ブロック
局所麻酔薬を注射して、痛みを抑えます。例えば、鎖骨上部の前斜角筋に注射して効果があれば「斜角筋症候群」である、と判断できることから、検査も兼ねた治療として行うこともあります。週に1回、数か月ほど続けます。

ルース・テストで1分ぐらいしか腕をあげていられないほど症状が強く、保存療法の効果がない場合は、手術を行うこともあります。

医療機関での手術療法

手術
以上にあげた治療を半年ほど続けても効果がない場合には、手術を考慮します。肋骨を部分的に切除して鎖骨とのすき間を広げたり、頚肋を取り除いたりします。

その他
姿勢が悪いと、鎖骨と肋骨のすき間が狭くなり、痛みが出ることがあります。姿勢は正すようにしてください。また、治療用の装具をつける方法もあります。装具によって正しい姿勢を保つことで、すき間も広がり、症状が軽くなります。痛みがある場合は、首や肩を温めれば、楽になります。

日常生活での対処法

予防法としては、まず、腕を酷使しないことです。また、首や肩の筋力を強化する運動を行いましょう。ストレスがあると、症状が悪化することもあるので、できるだけストレスをためないように心がけてください。

首や肩に負担をかけない姿勢を心がける
あごを引いて、背すじを伸ばす。頸椎が自然なカーブを描くので負担が軽くなる。

ストしスをためない
心身のストレス、緊張はこりを招く。ストレス解消法を見つけ、ため込まない。

肩こり体操などで体を動かす
息を吸いながらゆっくり両肩を上げ、息を吐きながら下げる「肩の上げ下げ運動」、手で頭を押しながら、それに抵抗するように前後左右に頭を倒す「抵抗運動(等尺性運動)」などを行う。

首や肩の冷えに注意する
スカーフや肩掛け、マフラーなどで冷えを防ぐ。夏は冷房の風に注意する。

長時間同じ姿勢を続けない
1時間に1回は休憩をとって、体を動かす。肩や首、腕を回したり、背を伸ばす。

[トップ][戻る]