頸椎捻挫・外傷

頸椎ねんざなどの外傷は、交通事故やスポーツなどで首の骨に衝撃を受けたときに起こります。むち打ち損傷などによる頸椎捻挫は、明らかな骨関節の変化のない外傷後に,頑固な頚。肩・腕痛を訴え、めまい,耳鳴り,吐き気などバレー・リュー(Barre-Lieou)症候群を伴います。しびれや麻痺などの神経・脊髄症状に十分に注意しながら、すみやかに治療を受けることが大切です。

部位頭頚部 症状頑固な痛み・耳鳴り
原因外傷性 対処専門医の診断
頸椎捻挫・外傷の症状

むち打ち症は「頚椎ねんざ」の1つで、骨や椎間板、靭帯には損傷を伴わず、検査によっても神経障害が見られないものを指します。損傷がある場合はむち打ち症ではなく、頚椎脱臼や頚椎骨折などの頚椎損傷となり、別の病名になります。
むち打ち症の症状は主に首の痛みです。
 ときに、損傷がないのに「首の痛みや頭痛などの症状が長期間続く」と訴えるケースがありますが、恐怖感や事故による心理的要因が関係していると考えられています。

頚椎の外傷で上位頚椎(第1・第2頚椎)の損傷では、呼吸困難や呼吸停止など、非常に危険な状況に陥ることもあります。呼吸が停止した場合は人工呼吸を行い、救助を待ちます。

頸椎捻挫・頚椎や胸椎の外傷の原因

「むち打ち症」
自動車事故による外傷でよく見られます。車が後ろから追突された瞬間、首は強く後ろに反り、次いで前屈するように振られます。自分の車が追突した場合は、首が強く前屈します。この衝撃によって首に痛みが起こるのです。
 頚椎や胸椎の外傷
多くが交通事故や転落事故、スポーツ時の事故や落下物がぶつかるなどの事故で起こります。頚椎の脱臼、骨折のほか、胸椎の圧迫骨折や脱臼骨折などがあります。重症のけがの場合は、脊髄損傷が起こることもあります。
 第7頚椎の疲労骨折
頚椎のいちばん下の椎骨は負担がかかりやすいことから、背中側の棘突起が疲労骨折することがあります。
 関節リウマチ、ダウン症の人の上位頚椎の亜脱臼
リウマチによって関節が変形したり、ダウン症の先天的な関節の異常のために起こることがあります。
 交通事故、転落事故などによる骨折・脱臼
自動車のハンドルやフロントガラス、ダッシュボードなどにぶつかることによって起こることが多い。
 スポーツ外傷
格闘技や、ラクビーなどの接触プレーがあるスポーツでぶつかったり、転倒した際に起こりやすい。

医療機関での診断

受診したときは、けがをしたときの状況や、どこをどんなふうに打ったのかなど、詳しく説明してください。
 また、これらの事故によるけがで注意しなければならないのは、痛み以外にしびれや麻痺などの神経症状が起こる可能性が高いことです。神経症状はけがをした直後には現れないことがあるので、もし、神経症状が現れたら、その時点ですぐに受診することが大切です。
 さらに、子どものころに頚椎のけがをしたことがある人や、頚椎の病気をもっている人、脊柱管が狭いと診断されたことがある人は、診察のときに必ず申し出てください。事故やけががきっかけで、別の病気が起こっていることがあるため、より注意が必要となるからです。
 大きな事故のときは、救急車を手配するなどして、一刻も早く医療機関へ搬送します。頚椎のけがが疑われるときは、首を動かさないことが大切です。
頚椎や胸椎の外傷では、医師はまず外側から観察し、首や胸の形の異常を調べます。首が傾いていないか、胸郭や脊柱に変形がないかを確認します。
 さらに、筋力を調べたり、反射や感覚など神経のチェックを行い、四肢の麻痺やしびれが、どこに起こっているかを検査します。上位頚椎損傷の場合は頭部に近いため、脳神経の検査も必須です。
 エックス線検査やMRI検査を行って患部を特定し、圧迫による神経障害や脊髄障害が原因のしびれや麻痺がある場合は、すぐに手術を行います。
 しかし、脊髄損傷で完全麻痺が起こっている場合は、すぐに手術はできません。慎重に全身的な検査を行って、手術に臨む必要があります。ただし、損傷の状態によっては回復が難しいことが多いといえます。
 神経や脊髄の障害がない場合は、骨折や脱臼の治療を行いますが、経過を慎重に観察し、もし、しびれなどの神経症状が現れたら、すぐに対処することが肝心です。

医療機関での保存的治療法

急性期には頚椎カラーを装用して、首の保護と安静をはかります。
 痛みが強いときは、非ステロイド性消炎鎮痛薬などが処方されますが、安静にしていれば2〜3週間でよくなります。それ以上、症状が続くときは、精密検査が必要です。また、しびれや、麻痺、感覚鈍麻などの神経症状が現れた場合も、すぐに検査を受ける必要があります。
痛みが軽減されてきたら、リハビリテーションを行います。首の筋力増強運動などで首を支える筋肉を鍛えます。むち打ち症で傷めた部分を補強するためには、筋力アップが欠かせません。

医療機関での手術療法

圧迫による神経障害や脊髄障害が原因のしびれや麻痺がある場合は、すぐに手術を行います。神経や脊髄への圧迫をなるべく早く取り除かないと、後遺症としてしびれなどの症状が残ることが多いからです。早期に手術を行って圧迫を取り除けば、神経の損傷が軽く、回復も促されます。

[トップ][戻る]