寝違え
部位頭頚部 症状可動域制限
原因外傷性 対処代替医療法

いわゆる寝違えは、朝起きたときに首が痛くて、回せなくなる急性の頚部痛。不良の姿勢で居眠りをした後などに多い。
 頚椎椎間板ヘルニアと似ているが、自然に軽快する。椎間板線維輪の断裂、椎間関節の障害などが考えられる。 神経障害は伴わず、多くは一過性である。

[トップ][戻る]