頸椎椎間板ヘルニア

首の骨の間にある椎間板が飛び出して、急激な片側の頚・肩・腕痛で発症する。頚が痛くて動かせず,放散痛が増強する。神経根症状のことが多いが,脊髄圧迫症状を起こすこともある。その程度や部位によって手足にさまざまな症状が現れる。

部位頸椎椎間板 症状可動域制限、頚・肩・腕痛
原因加齢性・外傷性 対処専門医の診断
頸椎椎間板ヘルニアの病理

頚椎とは、背骨のうち、頭蓋骨につながる7つの「椎骨」を指します。
 椎骨は、脊柱を構成する小さな骨で、椎体と椎体の間には、「椎間板」という軟骨があります。椎間板は、「髄核」と呼ばれるゼリー状の組織の外側を、固い線維の層が何層も重なった「線維輪」に囲まれた構造をしており、脊柱に加わるショックを吸収したり、首に安定性を与えています。首が前後左右に動かせるのも、椎間板があるからです。
 内圧があるため常に圧力が加わっている椎間板は、体の中でも早く老化が始まるところです。年をとるとともに髄核中の水分が少なくなり、クッションとしての働きも衰えてきます。老化した椎間板は線維輪に亀裂が入り、やがて何かの拍子に髄核が後方に飛び出してしまうことがあります。これが、「椎間板ヘルニア」です。椎間板ヘルニアは腰椎に起こることが多いのですが、首に起こることもあり、その場合を「頚椎椎間板ヘルニア」といいます。
 腰椎の椎間板ヘルニアは、比較的若い年代に多いのですが、頚椎の場合は、40−50歳代が発症のピークです。それ以上になると、髄核が飛び出る圧力も低下するため、椎間板がつぶれ、椎骨が変形する、「頚部脊椎症」と診断されることが多くなります。

頸椎椎間板ヘルニアの症状

どの神経が圧迫されたかにより、症状は首から足にまで現れます。
 脊柱の後部には脊柱管があり、脳からつながる神経の束である脊髄が通っています。椎骨と椎骨の間にある椎間孔という孔からは、脊髄から枝分かれした神経(神経根)が出て、体の各部に延びており、頚椎部には8対の神経根があります。ヘルニアは第4。第5頚椎の間、第5・第6頚椎の間の椎間板に起こりや すく、第5、第6頚神軽根が障害されます。
 椎間板ヘルニアでは、椎間板が壊れることで首や肩の痛み・こりが生じることに加え、飛び出した髄核が、脊髄や神経根を圧迫するために症状が出ますが、どの神経を圧迫するかで、症状は異なります。


頚椎の基本的な神経根症状       左クリック=拡大:右クリック=縮小:ドラッグ=移動

神経根症状
 枝分かれした神経は、腕から指先へと伸びています。そのため、神経根が圧迫されると、「肩から腕、手にかけて、響くような痛みやしびれ」を感じることが多くなります。
 また、圧迫された神経によって、親指側や、小指側といったように、その神経が支配している部位に特有の症状が現れます。

脊髄症状
 脊髄は、全身に張り巡らされた神経の中枢のため、現れる症状は、非常に広範囲に及びます。圧迫された部位によって、現れる症状は異なりますが、よく見られるのが、「手や足の運動障害」です。歩きにくくなったり、足がつっぱったりします。手の場合、はしを持つ、ボタンを掛けるなどの細かい動作が難しくなります。また、圧迫がひどくなると、排便や排尿などに関係する神経が障害され、「頻尿や残尿感、便秘」などの症状が現れます。
 そのほか、神経のつながりから、「首から肩、背中にかけての凝りや不快感」、「後頭部の痛み」などを感じることもあります。

これらの症状は、運動後や、首を後ろに反らしたときなどに、悪化します。

頸椎椎間板ヘルニアのタイプと症状
ヘルニアが神経根を圧迫:神経根症状(通常は片側) ヘルニアが脊髄を圧迫:脊髄症状
首から肩、背中、肩甲骨 あたりのこり、痛み、不快感 字が書きにくい
首や後頭部の痛み ボタンが掛けにくい
頸椎が動かしにくい はしが使いにくい
圧迫された神経が支配している手足の部位の痛み、しびれ、感覚障害 階段を下りにくい
手腕の脱力 走れない
  手足のつっぱり、脱力
  尿が出にくい、便が出にくい
  (男性では)勃起障害

神経根症状と脊髄症状が同時に起こることも少なくない

頸椎椎間板ヘルニアの原因

首の骨や軟骨の老化に伴って起こります。
頚椎症は椎間板の老化から始まる加齢性(変性)疾患で、頚椎椎間板ヘルニアも、その一連の変化のなかで起こり、広義には頚椎症に含めて考えられます。また、脊髄圧迫は、生まれつき脊柱管が狭い人に起こりやすく、エックス線側面像で第5・第6頸椎の高さでの日本人の平均前後径は男性約16mm、女性語勺15mmです。12mm以下だと狭窄と判断され、圧迫による脊髄症を起こす危険性が高くなります。

医療機関での診断

医師はまず症状を詳しく聞き、痛みの出方や部位、知覚・運動障害などの有無を調べます。知覚を調べる検査では、例えば、手や腕を筆でなでて、左右の感覚の差を調べたり、場所を変えて試みて、症状の出ている範囲を確認します。運動障害を調べる検査では、手を握る・広げるの動作、すなわちグーとパーがすばやくできるかどうかや歩き方をみます。また、握力計などで、筋力のテストをします。
 こうした検査で、どの神経が圧迫されているか、ほぼ推測されますが、確定診断には画像検査が有効です。エックス線検査やMRI検査を行うと、椎間板の狭小化(つぶれ具合)や髄核が神経を圧迫している様子がわかります。
 画像検査でも診断がつかないときや、筋ジストロフィーなどとの鑑別が必要なときは、筋電図検査が行われることもあります。

医療機関での保存的治療法

激痛が起きてから2〜3週間くらいの急性期は、ともかく頚椎の安静が大切です。首への負担を軽くし、安静を保つ手段として、「頚椎カラー」が有効です。
 痛みやこりに対しては、消炎鎮痛薬や筋弛かん緩薬などで対応します。神経根症状の場合は、外用薬や注射が用いられることもあります。
 急性期を過ぎ、症状が慢性化したときには、牽引療法や温熱療法などの、理学療法を行う場合もあります。これらは効果に個人差があるため、1〜2回行って患者さん自身の症状が楽になるなら続けて行えばよいでしょう。
 以上のような保存療法は、神経根症状の人と、軽い脊髄症状のある人が対象です。ヘルニアが自然に消失することもあり、頚椎椎間板ヘルニアの8〜9割は、3か月間ほどの保存療法でよくなるといわれます。

医療機関での手術療法

四肢まひや歩行困難、日常生活動作や排尿の障害など、脊髄症状が強い場合、我慢できない強い痛みがある場合は、手術を考えることになります。軽い脊髄症状の人は、3か月ほど保存療法を行っても症状が改善しなかったり、進行するようなら、手術を検討します。
 手術は、ヘルニアによる神経への圧迫を除く目的で行われます。代表的なのは、首の前方を切開し、神経を圧迫している髄核に加え、椎間板をすべて取り除き、骨盤の骨の一部を移植して固定する方法です(前方除圧固定術)。移植した骨が固まるよう、2〜3か月ほど首を装具で固定する必要があります。入院期間は、2〜3週間程度です。固定を確実にするために金属を併用する場合もあります。
 そのほか、もともと脊柱管が狭い人には、神経の通り道である脊柱管を広げて、飛び出した髄核が神経に食い込まないようにする手術(脊柱管拡大術)も行われます。最近ではこちらが増えています。
 手術をすると、痛みは比較的速やかにとれますが、残念ながら、しびれや重いまひはとれにくいのが現状です。術後2〜3年たっても残る症状は、その後も回復の可能性は低いと思われます。あまり長く我慢して症状が悪化した後に手術すると、治りが悪い傾向があるので、症状が重い場合や進行する場合は、早めに手術を考えたほうがよいでしょう。いずれにせよ、早めに専門医にご相談ください。

日常生活での対処法

椎間板ヘルニアは椎間板の老化が原因のため、またほかの場所に発症する可能性もあります。その発症や再発を防ぐには、日常、できるだけ首に無理をかけないことが大切です。
 首の負担軽減には、日ごろから背すじを伸ばして、あごを引く姿勢を心がけることも役立ちます。首を極端に後ろに反らせると、脊髄や神経が圧迫されやすくなります。高い場所に手を伸ばしたりする動作のときなどにも、首を過度に後ろに反らさないようにします。
 そのほか、長時間のパソコン操作や車の運転など、痛みやしびれの起こりやすい姿勢や動作に気をつけるようにしましょう。

[トップ][戻る]