頚部脊椎症(頚椎症)

中高年の首の痛みの原因として多いのが、頸椎症や頸椎の椎間板ヘルニアなど、首の骨の変形や椎間板の変性によって引き起こされる病気です。神経に障害が及ぶと手足にも症状が現れるため、注意が必要です。 頚椎症は椎間板の老化から始まる加齢性(変性)疾患で、頚椎椎間板ヘルニアも、その一連の変化のなかで起こり、広義には頚椎症に含めて考えられます。

部位頚部脊椎 症状首の痛み、巧緻運動障害
原因加齢変性 対処専門医の診断
頚部脊椎症(頚椎症)の病理

頚・肩・腕痛や手指のしびれが初発症状のことが多い。手指の巧緻運動障害や歩行不安定などが徐々に進行する。X線像で椎間板狭小化,骨棘がみられる。

頚椎柱,とりわけ運動と荷重を負担する椎間板の退行変性にもとづき,中年以降に好発する。そのため,椎体後外側を形成しているルシュカ関節を含む椎体周辺に反応性骨増殖を生じ,神経根圧迫,脊髄圧迫および両者の合併を生じる。比較的頻度の高い疾患で,重要である。頚椎,神経根,脊髄症状が生じうる。頚椎椎間板ヘルニアと共通する点が多い。両側性,多高位性の神経症状を呈することも多い。

  1. 頚椎症状:椎間板変性などによる頚肩部の疼痛,運動制限が長期にわたり先行し,漸次進行する傾向にある。
  2. 神経根症状:圧迫に伴う神経根刺激症状としては,上肢のしびれ,放散痛,感覚異常(後根),筋の線維束攣縮(前根)がある。神経脱落症状,麻痺症状としては,感覚鈍麻,脱失および上肢の脱力,筋萎縮がみられる。
  3. 脊髄症状:上肢における,下肢腱反射亢進,痙性歩行障害などの痙性麻痺および神経因性勝胱などである。腱反射の検査は重要であり,上肢腱反射低下は,前角細胞あるいは神経根障害の高位を示し,亢進は上位における錐体路障害を意味する。しばしば腰椎部に同様な脊椎症性変化を合併していることが多いので,この場合は下肢の下位運動ニューロンの障害も出てくる。

「頚部神経根症」「頚部背髄症(頚髄症)」とは
 首の場合は、原因が違っても、現れる神経の症状は同じということがよくあります。したがって、原因よりも神経のどこが障害され、どんな症状が起こっているかによって治療法が変わります。そのため、症状から見た分類による病名が用いられることがあります。例えば、神経根が圧迫された症状が現れている場合は、原因が椎骨の変形(頚椎症)であっても椎間板ヘルニアであっても、「頚部神経根症」と呼ばれたり、脊髄が圧迫されていれば「頭部脊髄症(頚髄症)」と呼ばれることがあるのです。
 また、頚椎症で神経根症状が現れているものを「頚椎症性神経根症」、脊髄症状が現れているものを 「頚椎症性脊髄症」 ともいいます。
 
頚部脊椎症(頚椎症)の症状の特徴

頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアによって現れる代表的な症状は、首の痛みやこりです。
 この痛みは、1日のうちでも朝は具合がよく、その後、悪化するのが特徴です。また、首の痛みだけでなく、次第に後頭部や肩のこりや痛みも起こってきます。慢性的な肩こりの原因になっていることも少なくありません。目の疲れやかすみ目を招くこともよくあります。

また、神経のどこが圧迫されるかによって、現れる症状(神経症状)が異なります。

神経根が圧迫されると、その神経が支配している領域に症状が現れます。神経に沿うように首から肩、腕へ強い痛みやしびれが走ります。高い場所を見上げたり、棚の上のものを取るなど、上を向いたり、首を反らせると圧迫が強まるため、症状もよりひどくなります。


頚椎の基本的な神経根症状       左クリック=拡大:右クリック=縮小:ドラッグ=移動

脊髄が圧迫されている場合、症状は多岐にわたります。手のしびれは、最初は片側だけでも、やがて両手に起こるようになります。また、手指が思うように動かず、箸が使いにくくなったり、文字が書きづらくなります。衣服のボタンがかけられなくなることもあります。さらに、脊髄症状の場合は手ばかりでなく、脚にも障害が現れることがあります。脚がもつれて歩きにくくなったり、階段の上り下りがしにくい、脚がつっぱるなどの症状です。圧迫がひどい場合は、排尿・排便の異常も見られます。これらの症状も神経根症状と同じく、首を反らせたりすると悪化します。

頚部脊椎症(頚椎症)の原因

椎間板の老化から椎間板のクッションの働きが弱くなると、椎骨同士がぶつかったり、椎間関節が摩耗してきます。頚椎がぶつかって刺激されたりすり減ったりすると、骨棘という骨の出っぱりができて骨が変形します。
 あるいは、椎骨の並びにずれが生じて脊髄神経の通り道である脊柱管や、脊髄から枝分かれした神経が出ていく椎間孔が狭くなったりすることもあります。また、変性した椎間板から髄核が飛び出し、頚椎椎間板ヘルニアが起こることもあります。
 こうした骨や椎間板の変化によって神経が圧迫を受けると、痛みやしびれをはじめ、さまざまな神経症状が現れることになるのです。

出現頻度としては第5〜第6頸椎,次いで第6〜第7頸椎,第4〜第5頸椎の順ですが,終局的には全頚椎レベルに起こりえます。神経根の圧迫は第6頸椎と第7頸椎との間に異常がある場合に、脊髄の圧迫は第4〜第6頸椎に異常があると起こりやすいといえます。第4〜第6頸椎はもともと脊柱管がほかの部位よりも狭く、中の脊髄が太いことが関係しています。

椎間板変性の進行とともに椎間間隙の狭窄化,椎体辺縁の骨棘(特に後縁,後外側縁に病的意義が大きい),さらに椎間関節の変性,頚椎柱の配列異常を生じます。結果として脊柱管,椎間孔狭窄による神経症状を引き起こす(変性脊柱管狭窄症)ほか,外側の骨棘は椎骨動脈の圧迫も生じます。これらは単純]線像で明瞭にとらえることができます。また,追突事故などの外傷が急性発症の引き金となる場合もあります。

@椎間間隙狭窄 F椎間孔狭窄
A前方骨棘 E椎間関節骨棘
B前縦靭帯骨化
C椎体縁骨硬化
D後方骨棘
医療機関での診断

肩こり,頚部痛,上肢・下肢の運動制限,スパーリング・テスト陽性などに加えて,臨床神経学所見と下記の]線所見が診断の決め手となります。
「スパーリングテスト」は、患者さんに上を向いてもらって頭を押し、痛みが起こるかどうかを調べる神経根の検査です。頸椎に異常があると、上を向いたときに症状が強くなるため、このテストで確認します。
「10秒テスト」では、両手で「グー」「パー」と握ったり開いたりする動作を10秒間に何回繰り返せるかをやってもらいます。脊髄障害があると手指のすばやい曲げ伸ばしが難しくなるので、うまく動作ができません。20回以下の場合は、頚部の脊髄障害が疑われます。

そのほか、どこに痛みやしびれが起こっているのかも大切な情報です。手の親指側と小指側のどちらなのか、手の甲なのか、足はどこに異常を感じているのかなどによって、どの神経が障害されているのかを探ります。痛みと違って感覚の鈍麻は、患者さん自身が自覚していないことが多いので、触った感じがほかの部位と違わないか、モソモソするような感じがしないかなど、詳しく調べます。

筋力の低下が起きていないかを調べることも重要です。特に筋肉がやせると、回復が難しくなるため、その兆候もチェックします。

 

画像検査は、エックス線検査やMRI検査が行われますが、症状や身体所見の結果と合わせて、診断の裏づけをするためのものです。身体所見と画像検査の結果が一致した場合に診断が確定します。

  1. ]線検査所見:単純(前後,側面,斜位撮影),機能撮影(前後屈撮影)および断層撮影による。複数高位にみられる椎間間隙狭窄,椎体終板の骨硬化,椎体辺縁の骨棘形成〔特に椎体後方やLuschka関節部(椎体の後側方)における水平骨棘形成が重要〕,椎間孔狭窄化(斜位撮影で明瞭となる),側面像あるいは矢状面断層像による脊柱管前後径の計測は最も重要であり,脊柱管狭窄および後縦靭帯骨化の合併の有無を検討する。前後屈撮影では頚椎不安定性の有無を確認する。しかし本症は中年以降に発生し,]線学的に定型的な所見を示すが無症候性のものも多い。
  2. ミエログラフィー:C1−2外側穿刺,あるいは腰椎穿刺法により行う。椎間高位に一致した根嚢像の欠損と迂回および造影剤柱の欠損像に注目する。同時に行うCT−myelographyは脊髄,くも膜下腔の横断面を示す。
  3.  
  4. MRI,CTなど:画像は脊髄腔圧排状況,脊髄実質の圧迫状況,椎間板変性などを描出し,脊髄症状を呈する症例に必要である。CT像は骨性脊柱管の状態を明示し,手術計画に有用となる。他に椎間板造影もごく限られた症例に行われる。これら画像所見は神経所見と一致して初めて意味を持つものであることを忘れてはならな
  5.  
  6. EMG検査:高位,障害域の診断に役立つ。
医療機関での保存的治療法

頚椎症で首の痛みやこりなどの症状が現れたら、早いうちに治療を始めることが大切です。痛みやこりの段階で治療しておくと、ほとんどは手術まで至ることなく、軽快します。治療は、薬物療法や温熱療法などの保存療法となります。

頚椎症の治療でまず重要なのが、頂椎を安静に保つことです。首を後ろに反らせたり、上を向くような動作は、神経をより圧迫して強い痛みを招くことになります。こうした動作や姿勢を避けることが肝心です。安静を保つために「頸椎カラー」を装用することもあります。

痛みやこりに対しては、薬物療法が有効です。痛み止めの非ステロイド性消炎鎮痛薬、筋肉のこりをほぐす筋弛緩薬が用いられます。

痛みやこりには、温熱療法で患部を温めるのも効果的です。血行が促進されるので筋肉のこりがほぐれて、痛みが軽くなります。医療機関では電気で温めたり、蓄熱剤の入ったホットパックが用いられます。

運動療法は、筋肉のストレッチや筋力アップをはかることによって、痛みの軽減や予防に役立ちます。肩や腕を大きく回したり、首をゆっくりと倒す運動、手で頭を押しながら行う抵抗運動が勧められます。

痛みやこりが強いときや、なかなか治まらないときはブロック療法が有効です。後頭部下の首すじに、押すと激痛がするポイントがあるので、そこに少量の局所麻酔薬を注射します。普通、麻酔薬が切れると痛みがぶり返すと思われるのですが、期間をあけて2〜3回繰り返して注射すると炎症が鎮まり、麻酔薬が切れても痛みが起こらなくなることがよくあります。

医療機関での手術療法

脊髄障害による症状(手指のしびれ感と巧緻運動障害、歩行障害、勝胱の機能障害)が現れている場合には、なるべく早い時期に手術を受ける必要があります。この状態が長く続くと、脊髄の回復能力が悪くなり、手術後も症状が残りやすいからです。

また、神経根障害による症状(上肢の痛みやしびれ)が強く、長く続いてつらい場合にも、手術が適応となります。

代表的な手術法として、脊柱管拡大術(後方除圧)と脊椎固定術(前方除圧)とがあります。
 脊柱管拡大術は、脊柱管を形成している椎弓(椎骨の後方にあって弓状に脊柱管を囲む部分)の片側を切り離し、後方に出ている棘突起からとった骨を移植することで、脊髄の通り道を広げる手術です。

脊椎固定術は、神経に圧迫を加えている椎骨や椎間板を取り去り、そこに骨盤からとった骨を移植する手術です。

手術を受ければ、ほとんどのケースで症状の改善が見られます。ただし、どれだけ改善されるかは、それまでに神経が受けてしまった障害の程度によって異なります。

日常生活での対処法

頚椎の骨や椎問板は、重さが3〜4kgもある頭部の動きを支えているため、ただでさえ負担がかかりやすい部位です。頚椎を傷めたことがある人は、特に注意が必要なのはいうまでもありません。
 痛みやしびれを予防するためには、上を見上げたり、首を後に反らせるような動作や姿勢は、頚椎に負担をかけたり、神経をより強く圧迫するので、なるべく避けてください。つらくなったら無理をしないことです。
 また、首や肩が冷えると痛みが起こりやすいので、寒いときはマフラーやスカーフなどで冷え対策も怠らないようにしましょう。夏でもクーラーの冷風が直接当たらないように注意してください。
 さらに、首の筋力を低下させないように、運動を習慣づけ、骨の負担を軽くすることも大切です。

[トップ][戻る]