上肢のしびれと麻痺

手指の痛み、しびれ

手指の痛みやしびれはしばしば、頚椎症頚椎椎間板ヘルニア頚椎後縦靭帯骨化症黄色靭帯骨化症などの病気で起こります。

胸郭出口症候群では、腕から手にかけてのしびれがよく起こります。手の小指がしびれるときは肘部管症候群、中指から親指にかけての手のひら側がしびれる場合は手根管症候群も疑われます。手指を動かすと痛むなら腱鞘炎も考えられます。

関節リウマチは、手指の痛みと腫れから発症することが多く、頻度は低いものの、破壊性脊椎症による骨の破壊や脊椎炎も考えられます。糖尿病の神経障害でしびれが出ることもあります。

手指の動きがぎこちない、細かい作業ができない

手に障害はなくても、頚椎症頚椎椎間板ヘルニア頚椎後縦靭帯骨化症リウマチ性脊椎炎などで、頚椎を通る脊髄が圧迫されると、手指の動きがぎこちなくなって、手先の細かい作業がうまくできなくなります。「巧緻運動障害」といって、脊髄障害を疑う重要なサインです。パーキンソン病でも細かい手作業ができなくなります。

「巧緻運動障害」では、「服のボタンの掛はしけはずしができない、箸が使えない、字が書けない、ひもを結べない」などの症状が現れますが、利き手でないほうに症状があっても気づかないことがあります。袖口のボタンを掛けるには利き手でないほうも使うので、異常に気つきやすいものです。

手に力が入らない

痛くて力が入らない場合と脱力が起きている場合が考えられます。手に原因がない場合は、頚椎症頸椎椎間板ヘルニア頚椎後縦靭帯骨化症などの頚椎の病気が疑われます。特に脱力はすぐ受診してください。

[トップ][戻る][進む]