腰痛を起こす腰椎の病気

腰痛などの症状が現れているとき、腰椎に起きている問題にもさまざまありますが、腰椎の病気は、椎間板の変性や椎骨の変形などによって、周辺の神経が圧迫されることが主な原因になっています。

例えば、椎間板ヘルニアは、加齢変化などが原因で椎間板の中身の髄核が飛び出し、そこを通る神経を圧迫して、腰痛や下肢の痛みやしびれといった症状を引き起こします。

腰椎症(変形性腰椎症など)では椎間板がつぶれたり椎骨の端に骨のとげ(骨棘)ができたりして、それが神経を圧迫するために、腰痛をはじめとする症状を起こします。

脊椎分離すべり症などでは、椎骨がすべって位置がずれるために、神経に無理な力が加わって症状が現れます。

また、骨の変形やずれなどにより、「脊柱管」と呼ばれる背骨の中央を通る神経の通り道が腰部で狭くなると、神経の束が圧迫されて、下半身の広範囲にわたるしびれや歩行障害などの神経症状が現れることもあります。

急性腰痛を起こす主な病気
   脊椎の病気   消化器の病気
椎体骨折
転移性脊椎腫瘍*
化膿性脊椎炎*
椎間板ヘルニアによる馬尾障害*
椎間板ヘルニアによる神経根障害
いわゆるぎっくり腰
椎間関節症候群
強直性脊椎炎
胃・十二指腸潰瘍穿孔*
急性膵炎*
   泌尿器の病気
尿管結石
腎孟腎炎
   循環器の病気
   婦人科の病気解離性大動脈瘤
子宮内膜症
骨盤輪不安定症
子宮外妊娠*
   精神科   心療内科の病気   
心身症、心気症
[トップ][戻る][進む]