老化に伴う腰痛

腰椎の病気をその原因から見ると、加齢性(変性)疾患、外傷性疾患、腫瘍性疾患、炎症性疾患、代謝性疾患などに大きく分けることができます。

そのうちで最も多いのは加齢性疾患です。 中高年になると腰痛に悩まされる人が増えてきますが、そのほとんどは背骨の老化が原因で起こります。 背骨の加齢性疾患の多くで、基盤となっているのが椎間板の変性です。加齢に伴い椎間板の弾力が低下し、厚さが薄くなると、椎骨や椎間関節にかかる負担が大きくなり、骨の変形なども生じてきます。腰椎椎間板ヘルニア腰椎症(変形性腰椎症など)変性すべり症、分離すべり症腰部脊柱管狭窄症などが代表的な病気です。


腰椎椎間板の加齢変性         左クリック=拡大:右クリック=縮小:ドラッグ=移動
  1. 正常な椎間板で脊柱の機能は正常
  2. 椎間板変性に陥ると椎間板間隙は狭くなり、同時に椎間関節のかみ合いを狂わせる
  3. (上)ときに椎間板ヘルニアが起こる:(下)ときに脊椎すべりが起こる
  4. 変性が進むと椎骨の所々に骨棘が形成され、椎間関節も塊状に変形肥大する。これは脊柱を安定化させるための適応である。その結果、脊柱管は狭くなる。脊柱管狭窄を伴う変形性脊椎症(変性腰部脊柱管狭窄症)である
長く歩けない

しばらく歩くと痛みやしびれ、脱力感が強くなって歩けなくなるが、座って休むとまた歩けるようになる「間欠跛行」では、まず腰部脊柱管狭窄症が疑われます。脊椎分離すべり症、脊椎変性すべり症でも、間欠跛行が現れることがあります。似た症状があるが、前かがみになって休んでも楽にならないという場合は、閉塞性動脈硬化症も疑われます。

脚に放散する痛み、しびれ

おしりから太ももの後面へ走るような痛みであれば、まず「坐骨神経痛」と考えられます。坐骨神経は脚の外側と足の感覚にかかわっているので、その神経の根元が圧迫されると、神経の走行に沿って痛みやしびれが起こります。

坐骨神経痛が現れる病気には、腰椎椎間板ヘルニア腰椎症腰部脊柱管狭窄症脊椎分離すべり症、脊椎変性すべり症などが考えられます。比較的若い年代では腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢者では加齢性(変性)の腰部脊柱管狭窄症が多くを占めています。

[トップ][戻る][進む]