排尿・排便の障害、勃起障害、会陰部の灼熱感

背骨の病気とは結び付けにくいでしょうが、「尿や便が出にくい、もれる」などの排尿・排便の障害、「勃起しない、あるいは勃起したままになる」という勃起障害、「会陰部の灼熱感、違和感」なども、脊髄や馬尾の障害から起こることがあります。

外傷による脊髄損傷、頚椎・胸椎・腰椎の変形性脊椎症、脊髄腫瘍や脊椎腫瘍、椎間板ヘルニア、脊柱靭帯骨化症などが主な原因です。これらで尿や便などの症状が現れたときは、速やかな治療を要します。

[トップ][戻る][進む]