骨折しやすい(病的骨折)

ささいな原因で骨折したというとき、まず疑われるのが骨粗鬆症です。骨粗鬆症による脊椎骨折では、これといったきっかけもなく、椎体の圧迫骨折が起こることもよくあります。多量のステロイド薬を用いている人では、高齢でなくても骨粗鬆症になりやすいので注意が必要です

関節リウマチや骨腫瘍でも、骨折が起こりやすくなります。特にがんの病歴のある人がささいなことで背骨の骨折を起こしたら、転移性脊椎腫瘍を疑います。

病的骨折の原因疾患
1.骨の形成異常 @ 骨形成不全症
A 大理石骨病
B 先天性下腿弯曲症
2.廃用性の骨萎縮 @ 外傷後の廃用性骨萎縮
A 麻痺性骨萎縮
B 関節リウマチ
C 人工関節挿入によるスト レス遮蔽
3.骨自体の疾患 @ 人工関節摩耗粉による骨 溶解
A 急性骨髄炎
B 梅毒性骨炎
C 骨Paget病
4.骨腫瘍と腫瘍類似疾患 @ 単発性骨嚢腫
A 線維性骨異形成
B 多発性骨髄腫
C 原発性骨腫瘍
D 転移性骨腫瘍
5.代謝性骨疾患 @ 骨粗鬆症
A 骨軟化症
B 上皮小体機能亢進症
C ステロイド薬の長期連用
[トップ][戻る][進む]