膝関節部の疼痛と異常歩行

膝の痛みの原因で最も多いのは、変形性膝関節症です。多くは、立ち座り、歩行時などに、膝の内側が痛みます。膝に水がたまり、腫れることもよくあります。
 腰椎椎間板ヘルニアで、坐骨神経が刺激されるために、坐骨神経痛が起こり、膝をはじめ、お尻や太ももの後ろ、つま先、足の裏まで痛みが走ることもよくあります。
 膝の屈伸時に痛んだり、カクツと膝の力が抜けたりする場合には、半月板損傷が考えられます。痛みに伴い、屈伸時に引っかかりがある場合は、関節鼠のこともあります。
 そのほか、慢性関節リウマチなどでも、膝が痛みます。また、股関節に障害があるときにも、痛みを感じる神経が近いことから、膝に痛みを感じることがあります。痛風などでも脚の関節が腫れて痛みが起こります。

歩行異常の原因としては、ひざが痛む変形性膝関節症や、股関節の動かせる範囲が狭くなる変形性股関節症関節リウマチで下肢の関節が障害された場合も歩きにくくなります。

中高年の脚の痛みは、関節に変形が生じる変形性膝関節症が最も多いのですが、背骨の病気が原因のこともあります。腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症腰椎変性すべり症(脊椎変性すべり症)脊柱靭帯骨化症などで背骨を通っている神経が圧迫されると、脚が痛むことがあるのです。
膝関節圧痛部位と疾患
膝関節痛  圧痛部位疾患
@膝蓋骨,膝蓋大腿関節有痛性分裂膝蓋骨,膝蓋大腿関節の軟骨損傷,滑膜ひだ障害〔タナ障害〕,膝蓋大腿関節症,前膝蓋骨滑液包炎
A膝蓋骨内縁滑膜ひだ障害〔タナ障害〕,反復性膝蓋骨脱臼,膝蓋骨亜脱臼
B膝蓋腱近位部周辺,大腿骨顆間窩Sinding=Larsen−Johansson病,ジャンパー膝,滑膜ひだ障害〔タナ障害〕,離断性骨軟骨炎,膝前部痛
C脛骨粗面Osgood−Schlatter病
D内側関節裂隙内側半月板損傷変形性膝関節症(内側型),特発性骨壊死
E外側関節裂隙外側半月板損傷変形性膝関節症(外側型)
F大腿骨内側顆変形性膝関節症(内側型),内側側副靭帯損傷特発性骨壊死離断性骨軟骨炎
G大腿骨外側顆変形性膝関節症(外側型),外側側副靭帯損傷,腸脛靭帯炎
H鷲足部,脛骨内側顆鷲足滑液包炎,内側側副靭帯損傷特発性骨壊死

[トップ][戻る][進む]