外傷性の首・肩の痛み

背骨のなかでも頚椎は事故などによる外傷が起こりやすく、頭部の外傷に伴うことがよくあります。

頚椎の骨折・脱臼では、脊髄損傷が起こりやすく、胸椎では、肺、肝臓、大血管などの損傷も合併しやすいので、緊急の対処が必要です。

追突事故後の「むち打ち損傷」や、「寝違え」などでも首の痛みが起こりますが、これらは頚椎ねんざの一種です。

頚部の外傷やその後遺症として、首の痛みを感じることもあります。

[トップ][前頁][次頁]