脚に放散する痛み、しびれ

中高年の脚の痛みは、関節に変形が生じる変形性膝関節症が最も多いのですが、背骨の病気が原因のこともあります。腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症腰椎変性すべり症(脊椎変性すべり症)脊柱靭帯骨化症などで背骨を通っている神経が圧迫されると、脚が痛むことがあるのです。

関節疾患などでは、関節に変形が生じて痛みが出ますが、膝や足には異常が見当たらないのに脚にしびれを感じたり、感覚がなくなったりする場合には、何らかの神経が障害されている可能性が高くなります。

おしりから太ももの後面へ走るような痛みであれば、まず「坐骨神経痛」と考えられます。坐骨神経は脚の外側と足の感覚にかかわっているので、その神経の根元が圧迫されると、神経の走行に沿って痛みやしびれが起こります。坐骨神経痛が現れる病気には、腰椎椎間板ヘルニア腰椎症腰部脊柱管狭窄症脊柱靭帯骨化症脊椎分離すべり症、脊椎変性すべり症などが考えられます。

片側の脚の坐骨神経に沿ってしびれる場合には、腰椎椎間板ヘルニアで、背骨の神経が圧迫されていることが考えられます。比較的若い年代に多くみられます。

歩くとしびれを感じるときは、腰部脊柱管狭窄症が考えられます。この場合、両脚がしびれることが多くなっています。高齢者では加齢性(変性)の腰部脊柱管狭窄症が多くを占めています。

下腿の痛み

下腿(ふくらはぎ)の痛みには、 腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄扁平足障害疲労骨折過労性脛部痛 (shinsplints)、 深部静脈血栓症, 血栓性静脈炎前脛骨区画症候群下腿三頭筋筋腱移行部の部分断裂脛骨骨幹部の腫瘍、などの病気が考えられます。

[トップ][戻る][進む]